お知らせ & トピックスTOP > お知らせ & トピックス

お知らせ & トピックス 一覧はこちら

2019年05月09日

主要国株価トレンド2019年4月

移動中値線による主要国の株価トレンド

2019-05-07 (1).png

 

  世界株式指数よりIFA岩野優子作成 

黄色いラインのトレンド分析を重視します。12か月間の高値と安値の平均が前月に比べて上昇したら〇、下降したらです。

その下の2本線は黄色いラインの〇とをより詳しく表記したもので、トレンドの強さは、〇、△、▲、の順番です。

 

青いラインは月次ベースのモメンタムです。

モメンタムは当月の終値を前年同月の終値で割って算出し、その数字の変化をみます。

数値が1よりも大きければ(当月の終値が前年同月の終値よりも高ければ) ○ 、数値が1よりも小さければ● です。

数値が0.75を下から上へ抜けてきた時にはBuyマークをつけ、1.25を上から下へ抜けてきた時にはSellマークをつけています。

モメンタムはトレンド分析よりも早めにシグナルが出る一方、だましも入りやすいのであくまでも補足としてみています。

 

下の表は上の表の白いラインのを3点、◯を2点、を1点。を−3点、を−2点、を−1点にして表にしたものです。

世界全体のトレンドが見えてきます。

 2019-05-07.png  世界株式指数よりIFA岩野優子作成 

 

 

4月も世界市場は持ち直しました。

トレンドの合計値は2月続けてプラスです。

特に長く下降トレンドの中にいた中国が陽転し韓国を除くその他の新興国も上昇トレンドの中にいます。

一方先進国はまだ下降トレンドの中にいます。

マイナスの期間が短かったので強気になりきれないところではありますが

5月、アメリカが高値を抜けて上昇トレンドに入るかどうかが鍵となるでしょう。